通信制大学の費用相場

文系学部は年間二十万円から三十万円程度で学べるところが目立つ

通信制大学の費用相場は、履修をする科目の数や学習方法、学内施設の利用の有無などに影響されます。一般的に、文系学部はテキスト学習やメディア学習が基本となり、学内の施設を利用する機会がほとんどないため、スムーズに所定の単位の取得ができれば年間二十万円から三十万円程度で学ぶことが可能です。また、大学によっては同じ科目を再履修する場合に追加料金が掛からなかったり、成績優秀者に限り授業料の一部を免除したりしているところもあり、卒業までの学費を節約することもできます。また、建築士や社会福祉士、教員免許などの資格を取るには、基本の授業料の他に年間数万円から十万円程度の実習に関する料金が必要となることもあるため入学前にチェックしておきましょう。

学内で実験や演習がある理系の学部は年間五十万円を超えることも

電気や化学、情報工学といった通信制大学の理系学部は、学内で実験や演習などが行われることもあり年間の学費が五十万円程度と文系の学部と比べて高くなるケースが多く見られます。特に、卒業論文の内容にこだわったり、学会や研究会などに出席をしたい人は、様々な場面で学内の実験室や実習室、図書室などを利用するため、学費の負担が大きくなることもあります。最近では、理系の学部においてもスクーリング授業など対面式の授業科目を設置する通信制大学も増えているため、家計の事情を考慮しながら履修登録をすることがおすすめです。その他、少しでも学費を安く抑えたい人は、奨学金の制度があるところや、卒業の条件として実習や演習が必須でないところを選ぶと良いでしょう。